Please Note: Due to the large volume of content on this website,there are some pages that use automatic translation software to translate from the original Japanese to English.This may result in some grammatical and spelling mistakes.However, Xcream assures you these mistakes are not a reflection of the top-quality products you will find on this site.

Complete a fashionable layer's type sex

パッケージ画像(大)

Please select the distribution format

2000JPY (Including tax)
ご購入前にご確認ください≫ インターネット環境について
お気に入り登録

File List:ダウンロード スマートフォン(iPhone,Android)・iPad視聴可

TypeSizeImage qualityReplay timeDRMStreamingDownload
mp4 224.68MB~1336.19MB 400kbps~2150kbps
1 hour, 17 minute, 50 seconds
None possible possible

Product Information

投稿者:艦長(ぷにもえ)

※兄弟サークルぷにもえさんからの投稿です。

いつもご覧頂きまして本当にありがとうございます。ぷにもえです。

新作「お前らのサークルぶっ壊してやんよw」他同人から送り込まれた変態メイド刺客に翻弄されぷにもえ早くも存続の危機へw が、完成いたしましたのでアップさせて頂きます。

過去の当サークルの出演者をご覧いただくとわかると思いますが、ルックスは大人しめでどちらかというと宅レイヤーさんタイプを狙って撮影しています。今回も、そのつもりでした。

彼女に出会うまでは。

ちょっとした縁で撮影させてもらえることになったSENAさん。待ち合わせ場所に来た彼女の見た目は当サークルにぴったりな寡黙な宅レイヤータイプ。話をしてみると、彼女のお姉さんが生粋のレイヤーさんで、ご本人も「少しだけ」レイヤー経験ありとのことでした。我々サークルとしても、そういったほぼほぼ未経験のレイヤーさんと楽しくエッチ撮影できればいいかなと思っていたので理想的でした。

撮影場所に着き、本日のコスをご用意。タイトな体のラインが出るレースクイーン咲夜コス。ハイレグから伸びる、テラテラに光るパンスト脚にピンヒール。彼女の長い脚、細い体によく似合っていました。しかし、それ以上に変わったのは彼女の雰囲気でした。

レイヤーさんとエッチなことをした経験がある人はわかると思います。彼女は「着て変わる」タイプのレイヤーさんでした。ウィッグを装着し、コスに着替えた途端、彼女が「入った」のがわかりました。目つきが明らかに変わりました。正直、それだけでドキドキしてしまったほどです。サークルメンバーもそれは感じたようでした。明らかに、場の空気を支配しているのが彼女になったのです。

微妙な緊張の中、始まった写真撮影タイム。カメラが趣味のメンバーが撮っていたのですが、普通はカメラマンに向かって顔を作りますよね。カメラの向こうにいる視聴者に向けるべき視線です。しかし、彼女はチラチラと周りのサークルメンバーを見てくるのです。
ゾッとしました。こちらの反応を伺うような視線。その目は「あんたたち、興奮してるでしょ?」と訴えていました。オタを知り尽くした余裕の目です。

正直、私を含めて周りのメンバーは勃起していましたよ。その証拠にいつもは写真撮影中は静かなメンバーがワラワラと彼女の周りに集結。持参したカメラやスマホで勝手に撮影し始めたのです。そのまま完全にヲタとレイヤーさんの撮影会状態。みんなチンポを勃起させて完全に顔を赤くしています。

一通り写真撮影を終えた時のことです。「フェラチオして欲しいひと~?w」彼女がいきなり予定外のことを口走ったのです。我々が勃起してることを見抜いているのは明らかでした。スケジュール管理のメンバーが「時間が…」とか言いかけたのを制止、「すぐに出してアゲるよw」とさらに挑発的なことを言います。

あまりの事態にキョドってるメンバーを嘲笑うかのように、「一番チンポでかそうな人~w」とメンバーの一人を勝手に指名し、手を取ってそのまま別室に消える二人。慌ててカメラマンが追いかけ、「静かにしてるのでビデオ撮ってもいいでしょうか?」とSENAさんに直談判すると、「あとでオカズいするんでしょ?w」と半笑い。

この人、本当にエロい…我々メンバーはようやくその事に気付いたのです。

レイヤーさんのフェラはめくるめくような、本当にいやらしいフェラチオでした。当サークルの巨根曹長に覆いかぶさり、肉棒をなぶるような、粘着質な舌が絡みつく「どーじんフェラ」です。エロ漫画知識が豊富なのがバレバレなひょっとこ顔を見せつけてきます。
フルボッキして数分で即ヌキ…。半端ないテクを見せつけてくれました。さらに、飛び散ったザーメンを舌で舐め取りお掃除フェラ。我々が頼んでもいないことを平然とこなしてくれます。

興奮さめやらぬまま、ビキニ撮影。もうメンバーみんな頭がオカしくなりつつありましたが、それでも更に我々への挑発行為が続きます。「これが見たかったんでしょ?」とでも言わんばかりの「焦らしクパクパ」連発卑猥な赤ピンクオマンコをパッコリと開いて閉じて…見せつけてきます。視聴者よりもこの場にいる男達を興奮させるような視線とオマンコサービスです。レイヤーさんのオマンコの香りがすーっと脳に溶け込んできます。

SENAさんのオマンコを見た私の本音を書きますよ。

あのクッソエロいオマンコを舐めたい…

SENAさんのオマンコとセックスしたい…

もうそればっかり考えてしまいました。

メイド長コスに着替えてからはもうほとんど記憶にありません。写真を撮られるSENAさんと何度も何度も目が合います。

エロい…可愛い…

見ているだけで胸がムラムラと締め付けられます。今日はじめて出会ったのに、SENAさんがどんどん好きになっていく自分がわかりました。そう感じていたのはもちろん私だけではありませんでした。全員が全員、彼女に恋愛感情を抱き始めているのは明らかでした。
メンバーのうっとりした目が彼女に向いています。彼女が作り上げた「空気」が最高潮に達します。

写真撮影からの流れで彼女のオナニーシーンを撮影することになった時のことです。目の前で繰り広げられる「本気のレイヤーさんマンズリ」。いやらしい勃起クリトリスを弄り回し、電マでイキまくるレイヤーさんに、メンバーの理性はついに吹っ飛びました。誰からともなく静かにレイヤーさんに群がり、触り、撫で回していきました。レイヤーさんも3人の男相手だというのに一切動じず、「しょうがないにゃあ…」的に応えてくれます。「合意」を得た我々メンバーが徹底的にレイヤーさんの体を貪ります。

レイヤーさんの体を触って、触って、触りまくりました。可愛らしいオッパイを鷲掴み、揉み、シャブり…カメラのレンズが曇るほど湿り気の強い卑猥オマンコを舐めまわし、高まった性欲をぶつけていきます。

「がっつきすぎだからw」とレイヤーさんに笑われながらも責めの手を崩しません。四つん這いになって頂き、後ろからバイブでオマンコをほじくり返させて頂くと、可愛くイヤラシイ声を上げて感じまくってくれます。もう本当にエロくてたまらなかったです…。しかし、貞操の危機を感じたのか、収集がつかなくなるのを見越したのか、レイヤーさんが「もう、今日は誰か一人~w」と切り上げてきました。はっきり言って揉めに揉めましたよ。メンバーで相談し、ようやく私がレイヤーさんと二人きりになることが出来ました。今回は相当にサークル内がギスギスした話し合いでした。

二人きりになったレイヤーさんは、今度はまるで恋人同士のような空気を作ってきます。メイド長の奇術に私は完全にハマっていました。誘われるままに唇を重ねます。大好きだという男性声優を重ねていたのでしょうか、濃厚に舌を絡めてくる「腐女子ベロキス」です。キスだけで頭の中がスパークしてしまいます。チンポの血管がドックンドックンと脈打ち、痛いほど勃起します。

「ずっと見てて、エッチしたかったでしょ?」とコチラの心中を見透かしてきます。否定も肯定もできずにうろたえていると、畳み掛けるように耳元で囁いてきます。「大好き」これは本当にヤバかったです。尿道がズキズキするほどガチ勃起してしまいました。レイヤーさんとの擬似恋愛セックスです。

「挿入しちゃえば?好きなんでしょ?レイヤーさんが」と囁かれ、レイヤーさんに操られるように勃起チンポをブボッと挿入してしまいました。秘技「操りドール」。その言葉が脳裏をよぎります。レイヤーさんは、オチンチンを入れただけで大喜び。体をガックンガックン痙攣させて感じてくれます。たいしたテクは無いはずの自分が勘違いしてしまうような大音量アヘ声に、腰のグラインドも早まってしまいます。

気を抜けば射精してしまいそうなほどの強烈な締まり具合。中がズッブズブに濡れていて、グッジュグジュ音がします。それが超絶気持ちいいのです。一日中見つめていたレイヤーさんとセックスをしている。その感動と興奮の中、彼女を押し倒して必死に腰を振ります。可愛いんです。本当に愛おしく感じるのです。

「病みつきになるヤツやってあげようか?」と、レイヤーさんが提案したのは挿入しながらの結合部電マ当てでした。オマンコのヌルヌル快感と電マ振動でもうチンポは完全にバカになりましたよ。

そこからも場を変え、体位を変え、レイヤーさんのオマンコを味わいつくします。また、セックス中も愛おしくて何度も抜いては舐め、抜いては舐め、レイヤーさんのオマンコをクンニしまくりました。このレイヤーさんの体は自分のモノだとでも言うように唾液マーキングします。私に向ける視線はまるで薄い本の咲夜のようなエロアへ顔。これが「レイヤーさん式セックス」です。無我夢中で腰を振り、何度も何度もイッて頂きました。

お互いに高まった性感を一気に爆発させてフィニッシュ。感動の射精が止まりません。
第一汁を打って、ドッぴゅ。まだ出る、まだ出る…第ニ汁が金玉の奥から絞り出されます。まるでオシッコのような勢い良く大量の精液。レイヤーさんのコスまで汚す大量射精を行いました。お互い汗だく、本気セックスを心地よく終えていたのもつかの間。レイヤーさんが「オシッコしたい」と言い出しました。私は二つ返事で「飲ませて下さい」とお願いしました。愛するレイヤーさんの生オシッコです。

ビチャビチャと口内と顔にレイヤーさんのオシッコがブッカケられ、感無量でした。帰り際、気になったのは彼女が「他の同人にも出ている」と囁いたことです。何か得も言われぬ不安が私達を襲いました。私の心をメロメロにかき乱し、メンバーを嫉妬と興奮の渦から混乱に巻き込んだレイヤーさんとの本気セックスの動画です。

私たちぷにもえは、いったいどうなってしまうのでしょうか。どうぞ続編をお待ち下さい。

Sample Preview

  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット

Series of this product

Displaying list of entire series